読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アンガーマネジメントは世界を救う!怒り、イライラの感情と上手く向き合う為のヒントお伝えします

怒りの感情の向き合い方、怒っている人攻撃してくる人への心の守り方など日々の実体験をもとに解説していきます

電車マナーの悪いおじさんに朝からイラっ!!アンガーマネージメントに挑戦!

今回のアンガーマネージメントは...

今朝の出来事です
同じ会社の仲間と勉強会の為に電車で市内へ
2人席シートは空いておらず、奥の4人掛けボックスに70歳前後のおじいさんが1人座っているのが見えました

「あそこ空いてますね〜座りましょう」
とボックス席へ向かいました

座ろうと席に目をやると
そのおじいさんは向かいの席に足を乗せていたので詰めて座ることが出来ません

この状況に怒りの感情が発生!
イラっ💢
( *`ω´)

私の中の
正義感の発揮が現れ
電車マナーは守るべき!
いい大人なのにこんなこをするべきではない!
おれが正してやる!

怒りの温度は10点中2点くらい
昔の私なら喧嘩ごしに言ってたと思いますが
アンガーマネージメントやその他の心理学の勉強のお陰で 他人は変えれないと学んでます

コントロール出来るのは思考と行為のみ

その時の思考は、まあこんなおっさん、
たまにおるわなまあ、優しく声かけようか
とりあえず足下ろしてくれたらそれでいいや
とゴールをきめ早速声かけ





「すいません、、足どけてもらえます?」


おじ
「....」




「あの、、足」



おじ
「....」

怒りの温度が
2点から4点へ💢


仕方なく諦め足を横目に隣へ座りました
一緒に来ていた同僚さんはおじいさんの横へ
無理やり詰めて座りました

いつもニコニコな同僚さん
全く気にしてない様子笑

スゲー!

まあ、無事に座れたし
世直しは諦めて、同僚さんと楽しく会話

おじいさんは呑気に山登りの本を読んでいる
時折その顔が、ムカついたが
顔は変えようがないし、山でコケたらええんやと軽めの毒を考えつつ



目的地へ
到着直前に、なんとおじいさんが
話しかけて来た


おじ
「ちょいと、きくんやけどなー」



「、、、はい?」

謝ってくるのかと思いきや


おじ
「駅の西口はどっちかいのー」



「さあ?あっちじゃない?」

と適当に受け流す

同僚さんは、ニコニコしながら応対してました
この人怒る事あんのかいなぁー
と思いつつ 勉強会会場へ向かいました



今日の振り返り

べきの許容範囲が広くなった自分に気づいた
他人は変えれない ここで感情的になり
自分のべきをぶつけても、相手は

「席が空いてるんやから足乗せてもええやろ?」
というおじいなりの
正解をぶつけてくるでしょうし
そんな意味のない事しても仕方ないと思えた

最近、マナーの悪い高齢者やキレる高齢者が増えて来ました
感情に巻き込まれ支配されないよう気をつけたいですねー